【魔法の子育て】魔法の言葉かけで楽しい子育て!②子供が最初に出会う世界は?

魔法の言葉

子供がすくすく育つ魔法の言葉。あなたの言葉かけ一つで子供が変わってきます!あなたのお子さんはどんな子供に育ってほしいですか?あなたはお子さんにどんな言葉かけをしていますか?

<スポンサードリンク>



この記事の目次

この親にしてこの子あり

「この親にしてこの子あり」という言葉を聞いたことありませんか?
この立派な親がいるから、子供が優れているのだ。
立派な親の性質を子供が引き継いでいるという事ですね。
これは、良くも悪くも親の性質を受け継ぐものであるという事。
筆者も子育て中にこの言葉を聞いたことがあります。
「あの親にしてあの子ありだよね~」と悪口的な使い方でしたが……。

子供が悪さをした時

よその子が、悪い事をした時に、その子に注意したことってありますか?
素直にこちらの意見に耳を傾けましたか?それとも、聞く耳を持ちませんでしたか?

素直に「ごめんなさい」が言えた子には、今その子がした事の何処が悪かったのか説明してあげると良いと思います。よその子に、注意するのは、勇気がいりますよね。でも、ごめんなさいが言える子は、素直な子です。自分の何が悪かったのかが分からないのです。きっと、教わってこなかったんだと思います。子供が分かる様に説明してあげるとすんなりと悪さをやめてくれることがあります。

子供の価値観の基準は親の価値観です。良い事悪い事の区別も親の価値観が子供に影響しています。子供は、悪い事だと知らずに無邪気に行っていることもあるという事です。

子供が最初に出会う世界は?

子供 世界

子供達が生まれてきて最初に出会う世界は家庭です。
成長して保育園や幼稚園に通うまでの子供達は家庭が全て。
お父さんやお母さんが言った事が絶対です。
子供達の基準は、お父さんお母さんです。
何故なら、他の世界を知らないから。家庭で起こる事が子供達の全てです。
子供達は、やがて大きくなり、自分で物事を判断できるようになります。
そして、自分の育ってきた家庭環境は、特殊だった。普通ではなかったと気が付く事もあります。

家庭はやすらぎ

家庭はやすらぎであってほしいと思います。子供達は、やがて幼稚園、保育園、小学校等、外の世界に出ていく事になります。外では、良い子なのに、家に帰ってくるとグズグズしてかんしゃくを起こすという事があっても、どうか怒らずにいてあげて下さい。子供達は、毎日、外の世界で緊張しながら頑張っています。家庭は、子供達が安らげる唯一の場所です。

ダラダラは明日への活力?

子供達が家でダラダラしているといつまで「ダラダラ」しているの?と言ってしまいがちです。
しかし、毎日、外で頑張っている子供達です。家では、ダラダラして明日への活力を養うのも大切だと思います。
家でダラダラして気が抜けるから、外の世界に出たら気を張って頑張れるのです。
あまりにもダラダラばかりしていたら、筆者も怒ってしまいますが(笑)
宿題等、やる事をやってあればダラダラしててもおおめにみてます。

いってらっしゃい、おかえり

魔法の言葉

子供がすくすく育つ魔法の言葉。当たり前の事ですが、「いってらっしゃい」、「おかえり」を子供の目を見て言いましょう。
ついついキッチンでいいがちですが、玄関まで子供を見送って「いってらっしゃい」と言ってあげましょう。子供達は、安定した心で出掛けていく事が出来ます。

スポンサードリンク>



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA